死ぬ程洒落にならない怖い話をまとめています。

洒落にならない怖い話(洒落怖まとめ)

Part16

日雇い労働者とお地蔵様

投稿日:

592 本当にあった怖い名無し
sage
2010/12/04(土) 23:09:36 ID:zegVJ1vT0
昨年10月に、おっちゃんの霊に助けてもらった話を書き込んだ者です。
(1年以上経ってるから覚えてない人の方が多いと思うんで、>>1のまとめサイトのPart15にある

剥がれるポスター」を読んでくれ。)

今住んでいる地域は月に一度有志による清掃ボランティアがあり、私も仕事が忙しい時以外はほぼ毎月参加している。

今年の5月はあるお寺の草取りと掃除をしたんくだが、境内の一角にとても小さな(30センチくらい)お地蔵様が

置かれているのにこのとき初めて気付いた。

その周囲を近所のばあちゃん達が草取りしてたんで、手伝いながら「こんなとこにお地蔵様いらっしゃったんですね、

全然気付かなかったっすよ」といったら、「ああこれはねぇ…」とこんな話をしてくれた。

終戦後から数年間、今住んでいるアパートの場所には日雇い労働者の宿舎があった。

労働者の多くは戦争で家族を亡くしたり離散して天涯孤独になり帰る場所のない人達だった。

亡くなっても引き取ってくれる身内もなく、大勢のそんな労働者がこのお寺に無縁仏として葬られた。

時代の流れで労働者の宿舎も取り潰されることになった時、有志がお金を出し合って、このお寺に慰霊の為に
寄進したのがこのお地蔵様だという。

もしかしたら部屋にいたおっちゃんも、そんな風に孤独の中で亡くなった労働者の一人だったのかも知れない…と

思ったら泣けて泣けて仕方なかった。昨年の話をばあちゃん達に話したら、一緒に泣いてくれた。

作業を終えた後、近くのスーパーで花とお酒(カップではなく一升瓶)を買ってきて供え、気持ち程度だったがご寄進して
住職さんにお経を頼んだ。

自分ちのお墓にだってこんなに熱心に手を合わせたことはなかったけど、でもどうしても孤独な労働者の皆さんに
手を合わせたかったんだ。

そしたら今年の夏、宝くじで高額当選しました。

もしかしたら、おっちゃん達が当ててくれたのかな…と、お寺にちょっと纏まった額をご寄進してきた。

そしたら境内の寄進者の掲示板?に名前書かれて、近所のおばちゃん達から「あんた若いのに偉いわねぇ」とか
言われちゃってちょっと恥ずかしいw

今もたまにおっちゃんを思い出して、カップ酒2つ用意して飲んでます。

602 本当にあった怖い名無し
sage
2010/12/07(火) 10:46:38 ID:G1bVaPSr0
ちょっと話がズレるが…親戚のねーさんが結婚したんだが
なかなか子供ができなかったんだそうだ。子供が好きなねーさんは

よく通る道のおじぞうさんに『もし私たちの子供として産まれてきたいコが
いたらどうぞどうぞウチに来て下さい…』云々と願っていたそうだ。

(ちょっと忘れてしまった…)
そしたら妊娠したんよ。んで、産まれた子がまたお地蔵さんみたいな
感じのかわいいコなんだなぁw
何かの縁というものは…あるんじゃないかな?

出典:http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1028303782/

-Part16
-,

Copyright© 洒落にならない怖い話(洒落怖まとめ) , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.