死ぬ程洒落にならない怖い話をまとめています。

洒落にならない怖い話(洒落怖まとめ)

Part38

病院の患者

投稿日:

364: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/23 21:39
友人(複数)が看護士をしている。みんな、救急病院の看護士だから、いろんな人に出会
うらしい。
今までの彼女たちの話でビビった(というか、印象的だった?)のが3件ほど。

ひとつは、けっこう美人だったらしいが、かなりひどい火傷を負って担ぎ込まれた女性。
結局、意識が戻らないまま数日後亡くなったらしいが、同行してきた男性が「まちがって
ストーブにガソリンを入れたみたいだ(彼女が)」と説明していたが、それにしてはあまり
にも火傷がかたよっていたらしく、みんな、「あの人(男性)が火をつけたんじゃない??」
とウワサしていたそうだ。後日警察沙汰になったとかうわさで聞いたらしいが、真実は???

もうひとつは男性の件。
何でもおケツの穴に蛍光灯(いや、白熱球だったかな?)が入ったままでやってきたらしい。
1人で病院まで来たらしいから、ある意味精神的に強い人だったんだろう。
でも、そのいいわけが「よろけたら、たまたまあった蛍光灯が黄門様にささってしまった。
何とかしてくれ!」だったらしい。この人の家には、あちこちに剥き出しの蛍光灯がさりげに
放置してあるのか!?

最後がレゲエのおぢさん(死語?)。
路上生活中に糖尿病(?)が悪化して、足の一部が壊疽を起こしてしまったが、そのまま放置。
だって病院に行けないから。で、その部分をラップだかホイルだかで巻いていて、どうにもなら
ない状態で動けなくなって、病院に担ぎ込まれたが…その患部(壊疽を起した部分)にはウジ
がわいていて、まず、そのウジを全部ピンセットで除去してから、結局、壊疽を起したほうの足
を切断したらしいが…、ウジの後には、手術の前にその患者さんにおフロに入ってもらうことか
ら始まったというから…救急病院の看護士さんって大変だな!
ウジもイヤだったが、その人が入った後のおフロの掃除が大変だった、と嘆いていた。

ふっと思ったこと。こういう人の入院費とかって、誰が負担するんだろ??

出典:http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053491062/

-Part38
-

Copyright© 洒落にならない怖い話(洒落怖まとめ) , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.