死ぬ程洒落にならない怖い話をまとめています。

洒落にならない怖い話(洒落怖まとめ)

Part264

井戸の水神様

更新日:

682 1/6
sage
New!
2011/05/16(月) 00:08:32.56 ID:lQyUf/QH0
前の職場の頃の話、ちょっとヘビーな話。
というわけで長文いくよー^^

当時の俺の職場と言うのが東京からほどほどの距離の埼玉の片田舎にあった。

京浜東北やら武蔵野線やら乗り継いで、東京都北部にある俺の実家から2時間足らずって場所。

その職場は会社が地元の地主から借りた土地に建てられてて、その建物を建てる時の条件で

敷地内にある古い井戸とお社を取り壊さずにおくことと、年に何度か地主と近くの神社の神主で

そのお社やら井戸やらに奉納だかなんだかなんだかの儀式をすることを認めると言うのがあった。

まあ、別にそこについて取り立てて問題があったわけでもなく、ここ何十年間そんな感じでやって

たらしいし、俺がその職場をやめてからもまだ続いてると思う。
俺らも働いてる時に目に付く場所でもないし、せいぜい通勤途中にちょっと目に付くかなって

くらいで気に留めることもなかった。

ちなみに地主はじーさんで、暇なのかお社を掃除に来たついでに俺らの職場に来ては勝手にお茶飲んだり

女子職員(おばちゃんだけど)とかとだべったりと結構顔なじみになってた。

脱線だけどその手の小さいお社なんかは町中意外とそこらへんにあるので探してみると面白いかも。

683 2/6
sage
New!
2011/05/16(月) 00:09:28.59 ID:lQyUf/QH0
まあ、そのお社と井戸とは関係ない話なんだけど俺は昔から酒癖が悪かった。

酒が弱いのに飲むのが好きで、高校の頃から友達と飲みに言ってはすぐに泥酔して記憶がなくなって

気づいたら、どっかの道路の上とかどっかの駐車場とかどっかの公園とかどっかのマンションの階段
の踊り場とか、そんなことが多かった。

なん回も繰り返して、警察のお世話にならなかったのが不思議だったよ。

しかも、それは頻度は少なくなったとはいえ大学でて就職してからも続いてて、その職場の飲み会でも
やらかしちゃった、てへぺろ(・ω<)

居酒屋を出て、はだしで駆け回って怒られて、なんだかんだでJRの駅改札まで連れられてたってところまでは

覚えてるんだけど、電車に乗った記憶はなくて今回も気づいたらここはどこ?って状態。

ただその時にいつもと違ってたのは、あの死ぬほどしんどい二日酔いの感じがなくて、目覚める時もなんか

温水プールに使ってるみたいで気持ちイイナー、ああ、多分今俺しょんべんもらしてるなー^p^

ジョボジョボーでもきもちいいなー、なんか落ち着くなー、って感じだった。

とはいえ目が覚めると、ヤッチマッタナ!今回はどこで寝てたんだ?!とか思って回り見るとうす暗くてさ

でも時計見ると朝の7時過ぎててさ、しかもまわりがやたら窮屈でごつごつしてる、マジでどこだよここ?

やくざとかにつかまってどっかに監禁されちゃったの?死ぬの?とかテンパッたりしてた。

684 3/6
sage
New!
2011/05/16(月) 00:10:37.58 ID:lQyUf/QH0
で、そんななかで、ちょっと腹の辺りがもぞもぞしてんなーとか思ってたらシャツの間から小さい白い蛇がでてきてさ。

こっちがビビッて固まってると、下をチロチロさせて俺の顔を一瞥したかと思うと、するするっと俺の体を

這い上がってきて、首筋から壁に移ってそのまま上のほうに行っちゃったんだよね。

で上を向いてみたらあかるくてさ、これはどっかの穴にでも落ちちゃったかなー?

とりあえず脱出しないとなーとか思って、壁に取っ手みたいなのがついてたのでそのまま登ってみた。

で、その穴から出てビックリ、そこは職場の敷地のお社で、今俺が出てきた場所はその横の古い井戸だった。
井戸を出てから全身びちょ濡れ名事に気づいた。

ちなみに財布やらなんやら俺の荷物は井戸の横に纏めておいてあった。

その時は自分でも。あーわれながら罰当たりな、これは早晩祟りで死ぬ!

とか結構ガクブルしながら佇んでた

そうしたら、後ろから声をかけられて、振り返ったら地主のじーさんだった。

聞いたら、そのお社の掃除に来たらなんか怪しい俺がいたので、何やってんの?水浴び?
べつに、いいけど飲んで腹壊してもしらねーよ?ということだった。

祟りにびびってた俺は、すごい勢いで謝りながら、酔っ払って気づいたら井戸の中で寝てたことを伝えた。
中でしょんべんもらしたことは黙ってた。

685 4/6
sage
New!
2011/05/16(月) 00:11:23.96 ID:lQyUf/QH0
じーさんは、そんなこと俺に謝られてもなー、それに別にこのお社がらみで祟りとか聞いたことないよ。

別に大丈夫じゃね?とか言ってたが、俺のビビリっぷりが可哀想に思えたのか、例の近くの神社の神主

を紹介してあげるから、そこで相談しなさいと提案してくれた。
ついでに車で送ってやるよ、とのことだった

その日は俺は休みだったが職場は開いていて、警備員がい来ていて鍵が開いていたのでおいてあった予備のスーツに

着替えてじーさんの車に乗せてもらって神社に向かった。

車中聞いた話だとこのお社はその神社の分社の一つだということだった、ちなみにその神社も大本の神社の分社の分社

くらいの格の神社で、祭ってるのはドメジャーな水神様だそうな。

神社について、神主さんに話をしたらなんかちょっと呆れたというかうんざりした感じで聞いていた。

しかし、体を蛇が這い上がって井戸から出て行った話するとすこし顔つきが変わって、真剣に話を聞いてくれるようになった。

一通り、話した後に神主さんに聞かれたのは、君の父親とかおじいさんもお酒大好きでしょ?ということだった。

確かに俺の親父も、親父の親父も酒が好きで、白飯の代わりに酒を飲むというような人間だった。

俺と違って酒には滅法強かった、酒飲みの常で二人とも早死にしてるが。

686 5/6
sage
New!
2011/05/16(月) 00:13:07.67 ID:lQyUf/QH0
神主さんによると俺の体を這って行った蛇はその神社で奉ってる水神様の化身の分霊の一つで
俺の家に憑いていたかも知れないという。

その水神様は、元が大きな長い川の化身で、後に他の神様と習合された経緯があり。
その姿を蛇の姿で描かれることが多いと言う。

そして憑かれた家の人間ははウワバミのごとく酒飲みになるのだということだ。

また、関東一円でドメジャーな神様なのでその分霊の数も多く酒飲みの多くがこの蛇の化身のせいだという。

そして、その蛇の化身が出て行ったことについて。

さしずめ、君の酒の弱さと酒癖の悪さに愛想つかして、出て行くために井戸によんだのかもねー、あははー。

あと、酒飲みにする代わりについた人に幸運をもたらす神様でもあるから、これから君もきをつけてね。

気がむいたら、この神様を奉ってる神社にお酒なんか奉納するのもいいかもね、ちなみにうちでもいいよ、
最後は僕が飲んじゃうけどねー、あははー。

とのことだった。

確かにそれ以降、途端にお酒を飲みたくなくなり、酒の席でも付き合いでビールを1本2本のむ程度になった。

酔いつぶれたり、悪酔いしたり、吐いたことすらない。

しかし、なにかその後生活が味気なくなり、刺激を求めてその当時の職場もやめた

他にはこれといった災難はないが。
家の近くの神社にお酒を奉納したりもしたんだけどなー、やっぱりしょんべんもらしたのがまずかったのかな?

687 6/6
sage
New!
2011/05/16(月) 00:17:32.48 ID:lQyUf/QH0
おう、5/6でぜんぶ終わっちまったい。

数合わせの補足。

俺が井戸で寝てた時の飲み会で、駅まで引っ張っていった元同僚の話によると。

壊れた俺を電車に詰め込もうと思ったが、一瞬の隙を突いて逃げられたそうだ。

直前までふらふらだったり、壁に話しかけたりしてたのに急に全速力で走り出して、やってらんねと思って一人で帰ったと言う。

出典:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1305088227/

-Part264
-, ,

Copyright© 洒落にならない怖い話(洒落怖まとめ) , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.